とうげ外科胃腸科医院

広島,肛門科,胃内視鏡,大腸内視鏡,下肢静脈瘤
とうげ外科胃腸科医院

〒738-0015 広島県廿日市市本町6番2号
TEL 0829-32-6220

広電廿日市駅から徒歩6分、JR廿日市駅から徒歩8分
ネット受付 24時間受付中

※一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

トップページ»  ブログ»  日々のこと»  弾性ストッキング・コンダクター

弾性ストッキング・コンダクター

弾性ストッキング・コンダクター

下肢静脈瘤の治療の一つで、日常から行うことができる圧迫療法(弾性ストッキングを履く)という大切なことがあります。

弾性ストッキングは静脈瘤の他にも静脈疾患やリンパ管疾患の治療・予防に必要なもので、日常診療に広く応用されていますが、正しく使わないと合併症が起きてしまう場合があります。
また履いたことのある人は、『履きにくい』『ずり落ちてくる』といった印象がある方もいるかもしれません。

弾性ストッキング・コンダクターは、そんな弾性ストッキングの正しい使用法に熟知し、患者さんの苦情や質問に答えられる医療従事者を養成する目的でつくられました。

このたび、当院からも看護師の2名が、弾性ストッキング・コンダクターに認定されました!
お悩みの方はぜひお気軽にご相談ください(^ ^)♪



●●●2人からのコメント●●●
【右:上田】
静脈瘤の症状でお困りの方の良きアドバイザーになれるよう、弾性ストッキング・コンダクターの資格を取りました。
少しでも皆様のお役に立ちたいので、ぜひ何でも相談にきてください。よろしくお願いします。

【左:西村】
より充実したケアを行うために、患者さんの個々の状態やニーズに合わせて弾性ストッキングの選択をお手伝いさせていただきます。
弾性ストッキングについて、悩んでいることやわからない事があれば、お気軽にご相談ください。
 

2018-10-16 17:20:41

日々のこと